憧れのキッズモデルデビュー|個性を活かす

スタジオ
カメラ

希望モデルの容姿や身長

モデルやタレントを番組へキャスティングしたい場合、登録事務所に依頼をしてから撮影を行ないます。要望をする際は必ず、性別や年齢、容姿の特徴を伝えてから派遣してもらいましょう。

広告に起用されるコツ

女の子

モデルに憧れる方も多くいますが、近年キッズモデルの人気が高まっています。大人顔負けのポージングや表情を作りだすことができるキッズモデルは、ファッションブランドの広告塔として起用されることも珍しくありません。我が子をキッズモデルとしてデビューさせたいなら、まずは子供の個性がいきるブランドを選ぶことが大事です。子供の身長が、110センチ前後であればキッズモデルの黄金期とも言われており、様々なブランドで起用される確率が高まってきます。この時期を過ぎると、オーディションに受かる確率がグンと減る傾向にあるので、この時期までにある程度のキャリアを築きあげておきましょう。

ブランド設立が間もない頃は、知名度も低いのでキッズモデルの募集が比較的優位になることがあります。競争率が低いとそれだけ採用されやすくなります。また、有名雑誌とのコラボ企画のキッズモデル募集には、積極的に参加するようにしましょう。応募数は多いと予想されますが、子供が舞台慣れするには良い機会となります。普段から質疑応答の練習や、ポージング、表情の作り方など練習しておきましょう。

子供の魅力を引き出すかどうかを左右する、ファッションやヘアースタイルは子供の個性を活かしてアレンジしてあげましょう。ロングヘアーだとアレンジもしやすいですし、ショートなら顔立ちの良さが引き立ちます。本格的にプロデビューを目指すなら、専門のスクールに通うことや、事務所への登録も視野に入れておきましょう。

マイクと女性

まずは舞台慣れする

音楽業界に興味を持つ方なら、一度はボーカルというポディションに憧れるでしょう。本格的にプロとして活躍したい方は、オーディションを受けてみて自分の可能性を見出すことも大事です。

女の人

オーディションに受かるコツ

読者モデルは、通常のモデルよりも親近感があり読者にとって憧れる存在でもあります。ファッションやメイクなど、よりリアルな情報を発信している存在なので、応募は常に殺到しています。